歯医者になるための第一関門!歯科大学選びのポイントとは

>

歯科医師国家資格だけではない歯科医師の資格とは

歯科医師免許取得後に必要になる資格

歯科医師の資格を取得して、臨床経験を積んで歯科医師として働いていく中で、小児歯科や矯正歯科、口腔外科など、1つの分野を突き詰めて活躍していきたいと考える歯科医師は少なくないと思います。
これらの分野は歯科医師の資格を持っていれば看板を掲げることは出来ますが、やはり患者様は歯科医師の腕をよく見ていますので、専門知識があるかないかはある程度会話をすれば分かります。
そして歯科医師としても、全般的に学んでいるよりも、ある程度的を絞って勉強したほうが良いと感じることと思います。
歯科医師には専門医、認定医制度というものがあり、口腔外科なら口腔外科専門医、小児歯科なら小児歯科専門医といったような専門的知識を身につけることで、歯科医師としての幅を広げることが出来るのです。

歯科医師免許取得と同時に付与される資格

歯科医師の免許を取得するだけで、その他衛生面に関する資格が得られるということはご存知でしょうか。
有名なものだと「食品衛生管理者」「衛生管理者」等が挙げられます。
どちらも国家資格になり、食品を扱うお店や病院などに勤務する時に持っておいたほうが良い資格です。
また、臨床検査技師や介護支援専門員の資格をとる際、受験資格を得ることが出来たり試験の一部免除など優遇されたりするので、歯科医師免許は何かと使いみちは広いと思います。
殆どの方が歯科医師になりますが、副業として何か考えた時に便利なのではないでしょうか。
持っておいて損はないですし、歯科医師という職業はそれだけ衛生面に関しての権威があり、社会的に貢献できる仕事として認識されているということです。


この記事をシェアする