歯医者になるための第一関門!歯科大学選びのポイントとは

>

国公立や私立関係なく大学のカリキュラムは要チェック

英語・生物・美術を重点的に勉強する

大学という所は、何かと論文に目を通すことが多くなります。
そして医科や歯科の論文は、英語で記載されていることが多いので、英語力はかなり求められると考えたほうが良いでしょう。ですので、英語に苦手意識を持つことがないようにしたほうが良いと思います。
その他にも、医科同様に歯科も人体のことについて博学でなければなりません。生物も必須科目として勉強しておく必要があります。
あとは、美術です。一見歯科と何の関係もなさそうですが、歯科治療においては義歯や歯の支台、被せものの作成など、細かい作業がかなりあります。美術で学べる彫刻や工作のような分野は積極的に関わっていった方が良いのではないかと思います。
また、歯の色についても、元の歯と似た色を見つけて元の歯と区別がつかないくらいの完成度を求められることもあると思いますので、色彩に関する勉強もしておいたほうが良いでしょう。

自分の勉強法を確立しておく

歯科医師になるためには国家試験に合格しなければなりません。
年々難易度も上がっている歯科医師の国家試験に合格するためには、受験勉強のスキルが必要不可欠になります。
一般的には、何かを暗記するには発音して耳から聞き、書くことにより目に記憶させると覚えやすいと言われています。
ただその基本勉強法の中でも、自分はどれくらい書けば覚えられるのか、教科書や参考書の内容はどれくらい読めば頭に入るのかなど、自分だけのルールを把握しておくと、より効率の良い勉強法を確立できます。
そしてそういったルールを把握するためには、高校時代の定期テストなどを全力で勉強して毎回受験のような気持ちでいることが必要になります。
大学受験に向けての勉強は、高校入学から始まっていると考え、自分なりの勉強法を身に付けていきましょう。


この記事をシェアする