歯医者になるための第一関門!歯科大学選びのポイントとは

>

歯科医師に求められる資質とは

常に向上心を持っていること

何事も、経験がものを言うと思いますが、経験の上にあぐらをかいているほど愚かなことはありません。
歯科医師として何十年の経験があっても、歯科治療は日々進化しているので、昔の治療法にばかり囚われて、新しいことを受け入れようとしない歯科医師はヤブ医者と同じだと思います。
虫歯になったら治せば良いという考え方の患者様が未だにいるのも、そうした古い常識に囚われている歯科医師が未だ存在しているからかもしれません。
積極的に歯科学会のセミナーなどに参加し、新しい歯科治療を勉強して取り入れようとすることが、これからの歯科クリニックや大学病院には必要なことなのではないでしょうか。
闇雲に飛びつくのではなく、良い所を見極める観察力というのも、数多くの症例を見たり聞いたりすることで得られるものです。
常に上を目指し、より良い歯科治療を取り入れていけるような柔軟性のある歯科医師を目指しましょう。

コミュニケーション能力に優れていること

歯科医師というのは、どうしても「怖い」というイメージが強いようです。
おそらく白衣を着ているだけで威圧感が出ますし、治療も時間勝負であるところが大きいので、どうしても手早くしようと言葉少なに治療を進めてしまう新米歯科医師も少なくないと思います。
しかし、何事も、「話を聞く」姿勢は相手に示しておかないと、患者様に怖さだけを印象づけることになります。
怖いと感じさせてしまっては、相手から何かを聞き取ることは難しく、もしかしたら痛みの原因となっているものが虫歯以外であっても、それが分からずにただ虫歯治療をして終了してしまうことにもなるかもしれません。
しかし、痛みの原因が虫歯ではなくかみ合わせの問題だとしたら、虫歯治療をしても痛みはおさまりません。痛みがおさまらなければ患者様は不信感を抱き、別の歯医者に行くこともあるでしょう。
コミュニケーション能力は、歯科医師に最も必要な能力だと思います。


この記事をシェアする